なぜはんこを手彫りするの?

Just another WordPress site

耐久性があり美しい

印鑑手彫りの中でも、最初から最後まで手彫りで行う方法を、完全手彫りと言います。印面は、枠の中に文字があり、枠がないと印鑑には見えにくいです。枠は印鑑として大切な要素となっており、枠は印鑑を押すと強い力を受けるので、枠から欠けることも多いです。しかし手彫りの印鑑の場合は、枠の足下を太くし、枠を支える部分から強くします。土台をしっかりと作ることにより、印鑑に力がかかっても、枠が欠けにくくなるのです。

さらに機械彫りと比べると、手彫りの印鑑は美しいと言えるでしょう。熟練の職人の作る印鑑は、精密機械で印鑑を作ったとしても、出せない味わいを残します。機械彫りは綺麗には仕上がりますが、それは事務的な作業で作った印鑑であり、同じ文字であれば同じような印鑑になります。しかし職人の手彫りの印鑑は、同じ文字でも微妙な違いがあり、実際に捺印した文字にも、味わいが出てきます。

手彫りの印鑑は、使う人も事を考えて、職人が魂を込めて作った印鑑でもあるので、印鑑に対する想いも込められているのです。印鑑は使い捨てのような品物ではなく、手彫りの印鑑は偽造されにくいということだけではなく、長く使うことができ、味わいもある手彫り印鑑は、一生使う物として買うような方もいます。最近ではこうした手彫り印鑑をインターネットでも購入できるようになりました。もしネット購入で検討する場合は、きちんとし保証期間を設けている販売サイトを選択するようにしましょう。

<推奨LINK>
印鑑・実印の通販 – 印鑑ダイレクト【公式サイト】

偽造されにくい

特徴手彫りの印鑑の大きな特徴というと、1つ1つ手作業で彫っていくので、それぞれ同じ文字の印鑑でも違いがあります。まずは、彫る前に職人が印面に筆で字入れを行い、手書きなので同じ文字でもまったく同じ文字を書くことはできません

その後、印面に書いた文字にそって、手で掘っていき、印鑑を作成します。彫る場合も、手作業となり、同じ文字でも多少の違いが出てくるので、まったく同じ字の印鑑を2個作ることは出来ないのです。同じ文字でも、微妙に跳ねや払いの部分で違いがあります。手彫りであれば、購入者の細かい注文にも応えてくれることもあり、融通が利きます。

これが機械彫りとなると、パソコンのフォントを使い、どのフォントを使っているかわかれば、同じ物を簡単に作れます。彫るときも機械で彫るので、仕上がりに微妙な違いはなく、同じ物を作れます。このようなことがあるので、やはり実印や銀行印などの、重要な場面で使うような印鑑では、手彫りで作った方が良いと言えます。手彫り作成の印鑑は、偽造されにくいと言えますが、デメリットもあります。機械彫りの印鑑と比べるとどうしても手間がかかり値段が高くなり、手作業で彫るために、仕上がりまでも時間がかかってしまいます。つづいては手彫り印鑑の耐久性と美しさについて紹介していきます。

はんこの彫り方

はんこはんこを作るには、盤面を彫っていく必要があり、これには機械彫りと手彫りがあります。はんこの作り方については、完全機械彫り、機械彫りの後に手彫りで仕上げ、完全手彫りの3種類です。はんこを作っていく課程は、まずは字入れといい、デザインをはんことなる素材に転写、次にデザインを元に荒削りします。最後に仕上げとなり、荒削りで掘れない部分を掘る、線を美しく整えるなど行い、この行程は機械彫りでも、最後に手仕上げすることも多いです。

完全機械彫りを行うと、印鑑は綺麗に仕上がる傾向にあります。ただデザイン全体が画一的になってしまうことも多く、パソコンでデザインしフォントを使うと、偽造されるリスクも高まります。機械彫りの印鑑は、手彫りに比べると、値段が安いです。機械彫りした後に手仕上げする方法では、こちらもパソコンのフォントを使うと偽造のリスクは高まります。完全手彫りの印鑑は、荒削りから仕上げまで職人が手で彫って印鑑を作ります。熟練の技術によって美しい仕上げとなり、味のある印鑑です。ただ機械彫りと比べると値段は高くなります、

手彫りのはんこは値段が高いですが、味のあるはんことなり、熟練の技術で作られた印鑑を求める方も多いです。また偽造されにくいということもあるので、実印用に求める方もいます。やはり実印や銀行印用に印鑑を作るときは、偽造のことを考えると、最後に手仕上げしている業者のものか、または最初から完全手彫りで作成している業者の印鑑を購入した方が良いでしょう。